全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング【2016年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

綜合ユニコム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河崎清志)は、全国の主要なレジャー・集客施設を対象に、最新の運営実績と集客動向に関する独自調査を実施しました。本調査の年間入場者数に関する集計・分析結果は『月刊レジャー産業資料』8月号(No.599)特集「レジャー施設 集客ランキング2016」として、2016年8月1日に発刊いたします。

【調査結果の概要】
◎テーマパーク・遊園地・動物園・水族館・ミュージアムの入場有料施設を対象とした年間入場者数ランキングトップ10の施設は、全体で前年度の集客実績を5.2%上回った。リニューアルや大型イベントが牽引したほか、シルバーウイークやうるう年もプラスに寄与した。
◎業種別に上位10施設の年間入場者数を前年度と比較すると、動物園が最も高く11.7%増。以下、遊園地9.9%増、ミュージアム6.6%増、水族館4.3%増、テーマパーク1.2%増と続く。
◎北陸新幹線開通でにぎわう「金沢21世紀美術館」(2,372,821人)をはじめ、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(13,900,000人)、「沖縄美ら海水族館」(3,400,000人)、「ハウステンボス」(3,107,000人)などが過去最高入場者数を更新。「天王寺動物園」「サンリオピューロランド」は周年イベントが奏功し、大幅増加。
◎水族館では、2015年7月オープンの「仙台うみの杜水族館」(1,496,700人)が6位にランクイン。同じく7月に全面リニューアルオープンした「アクアパーク品川」(1,480,000人)は前年実績から倍増し7位にランクイン。

 

【業種別集客ランキング 上位5施設 ※入場有料施設】
[テーマパーク]
東京ディズニーランド・東京ディズニーシー       30,191,000人(96.2%)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン           13,900,000人(109.4%)
ハウステンボス                    3,107,000人(111.2%)
サンリオピューロランド                  1,580,000人(125.4%)
琉球村                          1,360,000人(91.9%)

[遊園地]
鈴鹿サーキット                    2,074,652人(105.1%)
よみうりランド                    1,732,789人(129.1%)
ひらかたパーク                    1,161,010人(106.2%)
としまえん                      1,032,634人(99.9%)
ツインリンクもてぎ                   717,722人(106.5%)

[動物園]
東京都恩賜上野動物園                 3,969,536人(107.5%)
名古屋市東山動植物園                 2,583,986人(113.8%)
天王寺動物園                     1,731,000人(126.9%)
旭川市旭山動物園                   1,521,662人(92.1%)
神戸市立王子動物園                  1,249,220人(107.0%)

[水族館]
沖縄美ら海水族館                   3,400,000人(105.3%)
海遊館                        2,450,000人(111.9%)
名古屋港水族館                    2,051,785人(104.3%)
新江ノ島水族館                    1,830,000人(106.4%)
横浜・八景島シーパラダイス アクアリゾーツ        1,594,000人(101.5%)

[ミュージアム]
金沢21世紀美術館                   2,372,821人(134.7%)
国立新美術館                      2,292,330人(87.5%)
国立科学博物館                     2,219,744人(127.9%)
東京国立博物館                     1,994,508人(105.6%)
広島平和記念資料館                   1,495,065人(113.8%)

※( )内は前年度比

 

提携サイト:https://www.value-press.com/pressrelease/167161