株式会社KADOKAWAより、雫井脩介氏最新作『望み』を8月31日(水)に発売いたします。
「息子が殺人事件に関わっているかもしれない・・・」
人は、あまりにも絶望的な現実が立ちはだかったとき、どんな思いで過ごし、どんな行動を起すのか。
息子を信じて待つのか?それとも・・・?
自分だったらどうするか、何を思うか、考えながら読んで欲しい一冊です。

雫井脩介最新作『望み』カバーデザイン(装丁:高柳雅人/装画:牧野千穂)

「『望み』は、ある少年事件が絡んだサスペンス風味の物語であり、
関係家族の心に深く分け入っていく家族小説であります。

 

続きを読む