愛車を高く売る為の7つのポイント!

愛車を手放す際には

できるだけ高く買取してもらいたいものです。

 

中古車買取の際には資格を持った査定士が

査定を行いますが、

買取時の印象はとても重要です。

 

今回は買取査定の前に準備しておきたいポイントを

ご紹介いたします。

 

車を売る場合、以下の2種類の方法があります。

  • 次の車を購入するディーラーで下取りに出す
  • 中古車買取店で買取査定をしてもらう

 

近年では中古車の買取専門店で

買取査定を行うケースが一般的となっています。

 

というのも、現在は下取りに出すよりも中古車買取専門店で

査定を行う方が高額になるケースが多いのです。

 

愛車を売る時には買取価格の相場を事前に把握しておき、

プロの査定士にしっかりと買取価格を提示してもらって

愛車の市場価値を知ることが重要です。

 

愛車を高く売る7つのポイント!

中古車買取専門店ではプロの査定士によって

査定が行われますが、見た目の印象というものは

意外に侮れないものです。

 

コンディションの違いによって

驚くほど査定額に差が生じる場合もあるのです。

 

ちょっとでも愛車を高く買い取って貰う為に

下記の7つのポイントをチェックしてみましょう!

 

▼ポイント1.洗車

必ず洗車を行い、

キレイな状態で持ち込みましょう。

 

ワックスがけもしておけばより好印象です。

 

見た目の綺麗さというのは非常に重要で、

自動車を大事に扱ってきたという

好印象を持たれます。

 

▼ポイント2.車内を掃除する

車内の掃除も欠かせません。

 

特に臭いなどは市販の消臭剤等を用いて

対策しておきましょう。

 

▼ポイント3.社外品オプションをアピール

社外品のオプションを付けている場合には

積極的にアピールしましょう。

 

車検に通らないような違法なものでさえなければ、

多くの場合プラス査定となります。

 

▼ポイント4.純正オプションをアピール

純正品オプションもプラス評価対象です!

 

できるだけアピールしておきましょう!

 

▼5.コーティング施工

コーティングしてすぐの場合には、

コーティング施工の証明書も用意しておきましょう。

 

見違えるように綺麗になりますから、

コーティングは非常にオススメです。

 

▼6.点検記録簿を持参しよう!

記録簿を見れば何を交換していつ点検を行ったのか

一目瞭然です。

 

▼7.タイミングに要注意!

中古車は日々価格が下落していきます。

手放すと決めたら、一刻も早く買取査定を受けましょう。

 

最後に・・・

大事な愛車をちょっとでも高い査定額を

付けてもらう為に、

セールスポイントはどんどんアピールしましょう!

 

神奈川県のカー&バイク情報

 



車検費用を安くして自動車の維持費を劇的に節約!

車検は高すぎる!

 

車検は多くの場合、購入したディーラーや

カーショップ、車検専門フランチャイズ店や、

整備工場等に持ち込んで委託します。

 

2年(初回は3年)に1回の出費とは言え、

数万円~十数万円のお金を支払うのは

やはり厳しいものがあります。

 

そこで、なんとか車検の費用を

安くすることができないか、

その実態を調査してみました。

 

 

「車検」と「点検」の違い

 

実は、車検そのものの費用というのは

めちゃくちゃ安いのです。

 

車検の検査にかかる手数料は

2,000円もかかりません。

 

そもそも車検とはどういうものかと言いますと、

安全性面や、排気ガス等の環境保護面において、

国の定める基準を満たししているかどうかをチェックするものです。

 

人間で言えば健康診断のようなもので、

もし基準を満たしていない車で公道を走ると

違反になります。

 

「なら、なんで車検費用は高いの?」と

思うかもしれませんが、

実は車検にかかる費用の多くは「税金」が占めているのです。

 

 

車検に絶対必要なお金「法定費用」

 

車検の多くを占めるのは「法定費用」と呼ばれるもので、

「自動車重量税」「自賠責保険料」「検査手数料」が

法定費用に該当します。

 

法定費用を支払わなければ、

車検を受けることはできません。

 

また、事前に自動車税を払っていなければ、

同様に車検を受けることができません。

 

つまり、車検は先述した検査の目的と併せて、

税金を回収するという目的も果たしているのです。

 

 

車検費用を節約する為には?

 

では、車検を安く済ませる為には、

どうすれば良いのでしょうか?

 

先述した法定費用は

車両によって規定されていますから、

どこの業者に車検を委託しても

金額は変わりません。

 

車検費用で金額が変動するのは、法定費用以外の部分、

つまり、業者に対して支払う「手数料」や、

「点検整備費用」、「交換パーツ代」等です。

 

車検費用を安く済ませる究極の方法として、

自分で点検整備や車検を全て行う

「ユーザー車検」という方法があります。

 

愛車を自分で点検整備して、

陸運局に持ち込んで検査を受ける方法です。

 

ユーザー車検にかかる費用は、

必要最低限支払わなければ車検を受けられない費用、

つまり「法定費用」のみです。

 

これだけなら50,000万円もかかりません。

 

 

ユーザー車検のデメリット

 

ただし、ユーザー車検には

大きな問題点が存在します。

 

それは「とにかく面倒くさい」ということです。

 

また、自動車に関する知識がなければ、

車検に必要な工程に加えて、

ある程度車の勉強をしなければなりません。

 

加えて、時間がかかります。

 

ユーザー車検を受ける場合、

検査ラインに並んで検査を受けていると半日潰れます。

 

勿論、点検整備が不充分であれば

検査には通りません。

 

不合格箇所があって検査が滞った場合、

丸一日、あるいは別日に持ち越す可能性もあります。

 

楽して得はできないということですね。

 



万が一愛車の車検が切れてしまった場合の3つの対処方法!

ついうっかり

車検の期限を忘れてしまっただとか、

あるいは

海外にいた、病院に入院していたことで、

長期に渡って

自宅を離れたことで、

車検が切れてしまうということがあります。

京都 車検

地域にもよるでしょうが、

仕事や買い物など、生活する為に

自動車が

絶対に無くてはならない存在になっている

という人も多いのではないでしょうか。

車検 費用

実際に、私も

自動車の無い生活は考えられません。
ですが、

生まれ持った性格なのかはわかりませんが、

私は昔から忘れっぽいところがあり、

自分の自動車の車検の時期についても、

きちんと覚えているようで、

2年に1度

ディーラーから届くハガキを見ては、

もう車検の時期が迫っているのか、

と感じます。
こんなことですから、

もしディーラーからハガキがこなければ

車検の時期を

忘れてしまっていることでしょう。

 

○車検が切れてしまった時は?
もし車検の時期を忘れていたとしても、

慌てる必要はありません。
車検が切れた自動車に乗って

公道を走行してしまうと

道路運送車両法違反、

つまり犯罪となってしまいますが、

置いておく分には特に問題ありません。
しばらく

その自動車を使わないというのであれば、

一旦

保留にしておくのも一つの手でしょう。

 

また、

車検の有効期限が切れた車両でも、

再度車検を受けて

合格することができれば、

再び問題なく

乗ることができるようになります。
ですが、

車検が切れている車両で

公道を自走することはできませんので、

何らかの方法を用いて

その車両を運ばなければなりません。
方法としては3パターン考えられます。

 

○車検場に運ぶ方法は?
まず一つ目の方法としては、

積載車に乗せて

その車両を運ぶという方法です。
ただし、

愛車を乗せることができるサイズの積載車

をレンタルなどして

準備しなければならないということと、

それを運転する為には

大型免許を必要とすることから、

この方法は現実的ではありません。

 

二つ目の方法としては、

自分でその車に乗って

業者/車検場に持ち込むという方法です。
ただし、そのまま走ったら

先述したように違反となってしまいますから、

仮ナンバーを借りる

手続きを行わなければなりません。
管轄の市区町村役場に

身分証明証、車検証(車検切れ)、

自賠責保険、認印の

4点セットを持って行って

仮ナンバーの交付を受ける申請をして下さい。
手続きには750円必要です。
このナンバーを取り付けることで、

期間限定(交付から5日間)のみですが

合法的に

公道を走行することが可能となります。

 

最後に、

これが最も手っ取り早い方法になるのですが、

業者に依頼して

引き取りにきてもらう手段があります。
レッカーやキャリアカーで

引き取りにきてもらうのですが、

この場合の選択肢として、

車検を受ける為に

引き取りにきてもらう場合と、

出張買取査定をして

買い取ってもらう場合の

二種類のパターンから選ぶこととなります。

福島県の飲食の求人情報



点検整備付き車検と車検後の後整備ではどちらの方が得になるの?

前車検については、

予備検査となる定期点検整備を実施せずに

車検を受けることになりますので、

車検に合格した時点では

点検整備代はかかりませんので、

その瞬間だけは

確かに費用は安く済むかもしれません。

京都車検

ですが、定期点検整備は

検査後必ず実施せねばならず、

二度手間ということもありますが、

予防整備を行わない、あるいは

検査後の整備を実施せずに

トラブルが発生した場合、

誠意を実施するだけの費用より

高くつく可能性が高くなります。

車検 ネット予約

前車検を受けて

後整備を実施しなければ

当然

その費用の分は安くなりますが、

点検整備を実施せずに

車検を受けた場合

当然合格率は低くなり、

不適合箇所があった場合には

その箇所を直してから

再検査をうけなければなりません。

 

車検の有効期限については、

検査時における自動車の構造

及び装置の不具合の発生状況や、

使用の実態、

公共性や事故が発生した際の被害

あるいは

加害性等から検討された結果、

現行の期間は

概ね適当なものであるとされています。
ただし、

10年以上乗っていた場合、

バイクと大型特種自動車の有効期限については

以前の1年間から2年に改正されています。

 

車検はその車両ごとに

定められている一定期間毎に、

国が定めた基準に適合しているかどうかを

チェックする為に

検査場で検査を受けるというものです。

 

勘違いしてはいけないのは、

車検と定期点検整備は

同一のものではないということです。
定期点検整備とは

その車両に異常がないかということを点検し

状況に応じて

整備を実施するもので、

車検の検査においては、

その検査時点での安全性等を

チェックするものに過ぎませんから、

次回車検までの安全性を

保証するというものではありません。
一般的に定期点検整備というものは

その車両のトラブルの予防や

安全性及び性能を維持することを

目的としており、

点検を実施した結果

不具合があった場合には整備を行います。

 

また、自動車に使用されている消耗品や

劣化したパーツについても

将来的に

トラブルが発生する恐れのあるものについても、

トラブルが起こる前から

予め整備・交換を行うことで、

次回定期点検整備を実施するまで

安全性、性能を維持するというものが

定期点検検査を行う大きな理由です。
つまり、簡単に言えば

定期点検整備は自動車の健康診断です。
そうして診断を行った結果、

何かしら問題があった場合には

治療を行わなければなりません。

 

このように定期点検整備をきちんと行うことで、

その車両の安全性及び性能を

高いレベルで維持すると共に、

寿命を伸ばすことにも繋がるのです。

神奈川県の寿司(すし)のグルメ情報



点検整備を実施しなくても車検にさえ合格すれば安心して自動車に乗れる?

もし定期点検整備を実施しないまま、

前車検に合格したとしても、

点検整備を行わなければ

その車両に安全に乗れるということではありません。

京都の車検

国が検査する項目については

安全性、あるいは公害面で

基準に適合しているかどうかを

目視、もしくはテスターで

チェックするものに過ぎません。
その為、車検に合格することができたからといって、

次の車検の時まで

安全に乗れると考えるのは

危険ですから

注意しなければなりません。

 

自動車を安全な状態で維持する為には、

自動車の故障を予防する、

あるいは性能を維持する為、

定期点検整備を実施してから車検を受ける

前整備・後検査が

一般的には無難です。
業者に依頼するに際しても

整備費用の面でも

セットで実施する場合には

得になることが多いです。
また、ユーザー車検で車検を通す、

あるいは車検に通した後の

定期点検整備についても、

自分で実施できないのであれば、

業者の手を頼ってでも

きっちり実施しなければなりません。

 

走行距離の少ない車両の

初回の車検については、

検査だけであれば

合格することはできますが、自

動車は走行距離だけではなく

経年によっても劣化します。
自動車の健康管理については

人間の健康管理と

ほぼ同じことが言えるのですが、

年を重ねる毎により細かく点検を行い、

その結果に応じて適宜

整備を行わなければならないのです。

整備工場を選ぶコツとしては、

予め見積を取って、

点検の結果に応じて

ユーザーの立場になって

相談に乗りながら、

ユーザーの了承の元

きちんと点検整備を行ってくれるところを

選ぶことです。
走行距離が少なくても

点検整備は必要ですが、

走行距離が多ければ多いほど、

より念入りな点検整備を

実施する必要性があります。
自動車の状態や予算によって

プランがいくつか

用意されているところも多いですから、

愛車の状態を考慮した上で、

具体的に

内容を決めていくと良いでしょう。

点検整備を実施せずに

ユーザー車検のみを受けて

よしとする人が近年

増加していますが、

これは極めて危険です。
確かに年々

自動車の性能は向上していますが、

その性能と安全性を

高い状態で維持する為には、

トラブルを予め防ぐ為には、

定期点検整備は必須とも言えます。
定期点検整備のタイミングについては

車検の時期と一致してますから、

車検の機会には併せて

その車両の点検整備を

実施することを強く推奨します。
効率的であり、

また、費用についても

それぞれ分けて実施するよりは

得になるケースが大半です。
自動車の安全性を確保するということは、

自動車を所有するオーナーの義務です。
ユーザー車検というものは、

自力で点検整備を

全て実施することが出来る人が

その部分の費用を節約することができるという

特権のようなもので、

気軽に行っていいものではありません。

埼玉県さいたま市の介護サービス情報